RSS | ATOM | SEARCH
ルケーチ@21st定禅寺ストリートジャズフェスティバル
ルケーチ@定禅寺ストリートジャフェスティバル。
仙台日帰り弾丸ツアーの日がやってまいりました。

ここ数日にしては珍しいほどの残暑。焼けちゃう。溶けちゃう。
楽器も壊れそうなほどの暑さです。

少しバテぎみです。


ちかくには楽天の本拠地、日本製紙クリネックススタジアム宮城がある
公園が会場でした。
なんとこの日はマーくんとハンカチ王子のプロ初対決の日
ということもあり野球ファンの人通りも多かったです。

ルケーチ的アレンジで送る「ふるさと」
足を止めて聞き入ってくださる方も多かったです。
一緒に口ずさんでくださる方もけっこうおりました。
熱暑の中ありがとうございます。

終演後はやっぱり利久の牛タンへ。
前回の様にほんとうはゆっくり宿泊したかったのですが
宿がとれませんでした。

7月のミーティング同様、大きなイベントとぶつかったのです。
先ほどの野球対決もそうですし
桑田佳祐の宮城スタジアムのライブもあるし
行きの新幹線でTシャツ着てる人が多かった、
ケツメイシとファンキーモンキーベイビーズの復興ライブというのもあったらしい
凄い数の人たちが仙台に集結してました。
震災から半年を向かえる日ですしね。

前回出演した公園の木陰で一休み。

居酒屋でちょろっとやって
あっという間に帰りましたー。寂しー。

ベースの服部さんご夫妻は福島で墓参りだそうで下車されました。
お疲れ様でした。

JUGEMテーマ:仙台周辺情報 
author:satsukin_dayo, category:音楽, 21:55
comments(0), trackbacks(0), - -
どっかの国のお祭り@プーク人形劇場
 小雨が少し肌寒い日。

ヒネモスの2ndAlbum「どっかの国のお祭り」発売記念の
ワンマンライブがありました。
その名も
「どっかの国のお祭り リリース記念ワンマンSHOW」

お手伝いをすることになっていたんだけれど
急遽動画撮影班に決定!
充電してなかったり、SDが足りなかったりとアワアワ。
(ヨドバシが近かったからなんとなかった)

会場のプーク人形劇場とても素敵な劇場でしたー♪
どん帳の絵もかわいい〜(●´ω`●)

Movieカメラは持ち合わせていないため
Movieカメラ的なサンヨーザクティと
Canon PowerShotS90の2台で固定&ハンドでの撮影をいたしました。
が、ザクティの方の動画が一切保存出来ていませんでした(T ^ T)
ヒネモスの皆さんごめんなさい。
S90の方で撮れた動画はYOU TUBEにUPしました。



ほかにも何曲がございますので、気になった方はこちら

アニメーションに併せての生演奏、パントマイムとの共演もあり
魅せるワンマンライブでした♪
お疲れ様でした。

author:satsukin_dayo, category:音楽, 22:56
comments(0), trackbacks(0), - -
Wonderful Voice
 馬喰町の居心地のよいお店「フクモリ

この日は定期開催されている中島ノブユキさんの「pianona」へ。
とある打ち上げで同席させて頂いた坂本美雨さんがゲストの回でした。
他にも高田蓮さん、権藤智彦さんなど、
このところよく聴くアーチストの方々が共演でした。

アットホームで温かい豪華なライブで幸せな気持ちに。
美雨さんの歌声は生で聴くと、その声の存在感の大きさに
否応無く心が震えます。
それほどの声。
偶然私も好きな曲が多くて嬉しかったのですが

「What Wonderful World」は
泣けずに聴けませんでした。

そんな世界がほんとうに恋しい。
What Wonderful Worldと感嘆する日を向かえたい。。。
author:satsukin_dayo, category:音楽, 23:27
comments(0), trackbacks(0), - -
武蔵野はらっぱまつり
リハが終わった夕方から、都立武蔵野公園へ。
数日前、昨日今日と「武蔵野はらっぱまつり」なるものを
やっているということを聞きつけて、
みんなを誘って行ってみたんです。

駅から20分くらい歩いて野川を渡り
街灯のない真っ暗で慣れない木々の公園を進むと突然
明かりとテントと屋台と音楽と人がほわーっとにぎやかに現れて。
大げ さでなくそんな感じでそのお祭りがそこにありました。
大好きなガラム(タバコ)の甘いにおいに包まれて進むと
奥のほうにはくじら山とその 前には立派なステージがあって
いろんなライブをつぎつぎとやってました。
寒いので沢山の人と焚き火にあたり、
タイラーメン、豚汁、チャイ、甘酒をすすったりで体を温め、
ライブで踊ったりする開放感と、ハッピー感が
ちょっと昔のフリーコンサートにいるような気持ちになり愉快でした。
15年目だそうです。知らなかったー。
来る前は「疲れたー」だの「ねむいー」だの言ってたメンバーも
そんなこと忘れちゃったみたい。

出店してた国立のかけこみ亭(無農薬の、たべのみのお店)が
タダでくれた甘いトマトをかじり、大根を担いで、
それぞれがいろんなお店で買ったチャイをチビチビ、
利き酒ならぬ利きチャイをし、テクテク帰りました。
狐に包ままれたかのような、噓のような夜でした。
author:satsukin_dayo, category:音楽, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
芸能生活40周年な
ぶー。雨です。文化の日の雨は10数年ぶりだそうです。
今日はソーイングマシーンのリハの合間に
1人でバンドバンドを見に行きました。
雨の街を抜け傘をよけ車で烏山の
世田谷区の200人くらい入れそうなホールまで。

しかし結果を言えばバンドバンドは見れず。
かなり時間が押していて(昼の2時からやっていた)
見れたのは1部の川西杏のオンステージと、
2部の1バンド目の上海兄弟のライブでした。

上海兄弟のボーカル中谷さんは
スカーフカーのドラムのワタナベさんと、どことなく似てました。
初めて聞きましたが上海兄弟の音楽は好きな世界でした。
また行こうかな。
ベースの女の子の声もなんだか良かったな。

川西杏は歌を歌うとき何故か口ぱくでした(カラオケです)。
それに気が付いた時は、意味がわからなくてちょっと怖くなりました。
でも3時間もライブをやる為、仕様がないのかな?61歳だし。
さすがバンドバンドが出てるイベントだけあってとってもパンチがありました。
時事ネタも多く、ラディンの歌とか・・・(笑)。・・・正直ビビりましたケド。
あまりにも重いテーマを踊りながら歌うので、
ビックリして笑うか固まるしか出来ませんでしたが、
愛がある人だというのは伝わってきました。
でも1人で見るには強烈すぎなアイデンティティ。
author:satsukin_dayo, category:音楽, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
徹夜明けの寿町
 「寿町フリーコンサート」へ。

ソーイングのライブの打ち上げを朝まで過した後、横浜へ。
去年はあんまりだったソウルフラワー(モノノケ)と初登場のハシケンで盛り上がる。
ハシケン、前にソロ?のアルバムを聞いた時はあんまり好きになれんかったんだけど、
この日のハシケンはすごい引力だった。
スライドギターやウクレレ、クラリネットなどが参加しているあたりは個人的に好み。
トランペットの人が偶然知り合いで、ライブ後にご挨拶。
カオスな中でのライブ。
日常ではないけれどタダということもありスッとそこに入り込める。
他の野外ライブとも違う異様なテンション。
寝てないというのもいい効果。

author:satsukin_dayo, category:音楽, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
遠山まつり2001
 昨日のライブの2次会では、
ギターの遠山さんがライターの火を一番大きくして吸い込むという妙技を見せてくれた。
なんかその時の印象が一番強くてはじめに書いてしまった。
熱くないんだそうです。

MANDA-LA2はソーイングマシーンにしっくりしていた気がしました。
永井くんのお兄様、永井ルイさんがいらしてたが、
帰り際1週間で7曲完パケしないといけないと言い残し去っていかれました。
しかも歌モノ。1日1曲!?
プロは大変だあ〜。
author:satsukin_dayo, category:音楽, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
届いた
「Cocoloni utao!」がさっそく届く。

ピアノ、バンドetc・・・いろんなバージョンの同じ曲たち。
CMで使われているイタリアのトッカフォンドのイラストのパンフも
同封してくださっていた。
一緒に見ながら聞くと、さらに世界が広がり
アニメーションのサラリーマンと一緒に空を飛んでいるような気持ちになった。

以下はこのCMの曲とアニメーションのコンビでもある
トッカフォンドのアニメーションに中川さんの曲がのっているショートフィルムです。


author:satsukin_dayo, category:音楽, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
ファッション通信の間のほっこり
「こころにうたを」とカタコトのナレーションのユナイテットアローズのCM。
そのCMの曲、口笛とオルガンの曲がとても素敵。
このバージョンでは流通している曲ではないらしいのだが、
とある素敵なはからいでもうすぐうちにCDが届く事に。すごく幸せ。
アリガトウ。
author:satsukin_dayo, category:音楽, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
地下鉄の喧噪
 BSのフォーク特集で72年の「猫」というバンドの
「地下鉄に乗って」という曲 を聴く。
デートの後の2人の地下鉄での1コマなのですが、
地下鉄での喧噪や生暖かい淀んだ空気の情景も浮かぶ胸キュンソングでした。

当時の地下鉄のあまりのうるささは、時に男女には耳元で話しかけたり出来て
近づくいい機会で素敵なエッセンスだったろうな。

この曲より少し後の私が子供の頃、
車内のエアコンなんてなかったから夏時期は
窓も開いて電車の音が大きくて、怖い乗り物だった。
池袋から赤い丸の内線に乗って数駅我慢をすればいつの間にか地上に出て
そして後楽園遊園地に着けるんだから我慢、我慢とふんばってたっけ。

楽器編成もソーイングマシーンと似ていて親近感を感じる猫。


author:satsukin_dayo, category:音楽, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -