RSS | ATOM | SEARCH
仙台ミーティング 東北六魂祭
今年は珍しくミヤケン発で
定禅寺ストリートジャズフェスティバル、出ようって言い出したルケーチ。
無事出演となりました。

事前のミーティングがあり仙台へ。
なかなか指定席はおろか、宿がとれなかったが
何があるか分からないので前乗りした。

仙台に着いてすぐ、機材をレンタルする予定のスタジオへ。
スタジオの近くに牛タン太助分店があったのを発見!
いろいろ不安もあったが食べた。美味い!;;

この日の仙台は人出が異様であった。

東北六魂祭という東北各県の祭が定禅寺通りに一堂に会すという
震災後一番のイベントの日と重なったのです。
どおりで枕も足も確保出来ないわけだ。

念のため翌日のミーティングの会場の下見に出かけた。
が、進まない。
定禅寺通りの中央部分(人だかりの部分)は
祭の通る箇所で人は入らないようにと係員が叫んでいるが
それは無理。無理なほどの動員だった。

もうむちゃくちゃ。泣いてる人もいるし怒っている人もいる・・・。
救急車もどこへどう進めばいいかめちゃくちゃです。
で、やはり中止となってしまった。
残念。でも東北の皆さんやそれを応援する皆さんの気持ちを
この人出で見た気がする。
立ち上がれないおばあちゃんを抱き起こして、一緒に少し歩いた。

せんだいメディアテークの場所を確認。
祭会場のすぐそこだ。明日も六魂祭は開催予定。。。
たどり着けるのか不安になった。

もーヘトヘトに疲れて喉もカラカラ。でもどの店もすぐには入れない
タイミングよく入れそうだった玉澤総本店クリスロード店
逃げ込むように、ずんだ!
このずんだフラッペが最高に美味しかった
9月の仙台でもも一度食べると心に誓ったね。

まんぽーさんは六魂祭にちなんだ特別メニューを。
ずんだは美味しいねー。大好きずんだ。

JUGEMテーマ:2011 地震(東日本大震災) 
author:satsukin_dayo, category:, 18:53
comments(0), trackbacks(0), - -
ゆめ牧場
いろいろ不安も無い訳ではなかったけれど成田ゆめ牧場に行ってみた。

のどかだ。

へんなフォルムだ

ちっちゃいのだ

ツノが少し生えてきて小鬼っぽい

かわいいな〜

この車もガチャピンっぽくてかわいいなー

生まれて初めての成田山へも行ってきました。
震災復興のイベントをやっていました。


 JUGEMテーマ:かわいい動物たち
author:satsukin_dayo, category:, 22:46
comments(0), trackbacks(0), - -
河津桜 帰路
往路は沼津からひたすら南下でしたが、復路は南伊豆より伊豆半島を海沿いに東側から帰りました。

下田を抜けて 

稲取温泉
平日だとガランと淋しい。

”関西お座敷ショー歌麿”・・・きっとすごいショーだよこれは。


稲取で伝統の「雛のつるし飾りまつり」をやっていた。
華やかです。

ひな人形の天の川みたい。

そして伊東へさらに北上すると
完全に何かを企んでいるペンギンが。

怪しい



怪しんで正解。いかがわしさフル満載。



左端の立っている人も人形




ギャー!

って、あー面白かった。キッチュすぎる。

伊豆を出る前に熱海を散策して。
つい淋しそうなところに目がいってしまう。

丁寧な観光客に向けた閉店のご挨拶文が泣ける。

10年以上このままなのね。

南伊豆を出てからも濃厚な伊豆の旅でした。
釣りしなかったなー。信じられない。

JUGEMテーマ:国内小旅行 
author:satsukin_dayo, category:, 18:00
comments(0), trackbacks(0), - -
河津桜 朝
朝です



朝になっても風情があるお宿でした。
宿についてすぐそう言っていたとはいえ、
宿のご主人はほんとにほっておいてくれた(笑)
誰にも会わないで帰った。

宿からすぐの川辺

河津桜・・・!前日の晩は暗くてよく見えなかったけどこんなに・・・

朝の瑞々しい空気をはらんだ風見鶏がご機嫌に尻尾を振って回り


散りゆく花びらも無言で

鳥のさえずりと川のせせらぎしか聞こえない

河津桜と菜の花と草原と青空と

桜の媚薬が効いたのか、
こういうところを天国と呼ぶんだろうな、というような
現実感のないナチュラルトリップ数十分

満開を過ぎ、早起きだからこその独り占め。
さて下界に戻るか(笑)

車旅では欠かせない道の駅もチェックチェック!
下賀茂温泉 湯の花
種類も豊富で新鮮で激安の地物の野菜を山ほど買って
海産物も買って。ああ道の駅、大好きだ〜。

こんな自販機もありました。いいなあ。


それと地元のパン屋さんが出品していたパンプディングが
超美味しかったです!!ここのマストフード!!


こんな旅またしたいな。
いつかこんな気持ちの国内旅行出来るようになるのかな。

(2011.09.08 記)

JUGEMテーマ:お花見&桜
 
author:satsukin_dayo, category:, 01:20
comments(0), trackbacks(0), - -
河津桜 晩

この日の日記を丁度半年後に書いている。
半年前という気がしない。もっと前のような気がする。
しばらくブログを書く気分にもなれなかった。特にこの夢のような旅行のは。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早咲きで長く咲く河津桜のことを知ったのは最近だった。
いわゆるヨメイヨシノの儚さとも違う
色も濃くてウソのような魅惑的な濃い花をさかせる。
そんな河津桜を見てみたくて南伊豆町へ1泊の旅行に出かけた。

例年の見頃を考慮したつもりだったけれど
もうピークは過ぎているらしい。
以前から宿の予約していたのはこの日だったから
数日前から天気予報で温度と天気を毎日気にして
なんとか保ってくれってドキドキしてたんだっけ。
その上大地震がくるという噂もあって、いつもは気にしてなかったんだけど
場所が場所だけに東海地震のことがよぎって妙に気にして
Twitterでも怯えるつぶやきをしていた。

南伊豆町は遠い。車をひたすら走らせて
ついたのは夕方で、向かえてくれたのは言葉を失うほどの
・・・圧倒的な黄色の世界。


黄色が黄色かわからなくなるまでたたずんでいられた。
思いがけない風景にみとれて
いろり隠居についたのも遅くなった。

知らない道は心細かったけど
宿の灯りはホッとさせてくれる。


爽快なくらいほっておいてくれる宿で気軽でよかったな。

 



併設されている韓国家庭料理のお店のメニューはほんとうに美味しかった。


この日はお風呂に浸かって、知らない地方のラジオを聞きながら
やはめに寝てしまった。

(2011.09.07 記)
author:satsukin_dayo, category:, 23:28
comments(0), trackbacks(0), - -
ちばの西から東へいく 2
来た道を戻り、さらに東へ。
九十九里。

・・・砂浜が熱い。

とはいえさすがに9月下旬。海水浴客はい・・・いた

両手を、上半身を太陽に向けて広げ波と共に海に飛び込む。
するする泳ぐ。
喜びに満ちていている!人魚発見!

サーファーがいっぱいだった。





波乗り、楽しそう。

海は久しぶり。

ざぱーん!

うおおお・・・!

引き強し!

冷たくない。
泳げる水温。の、秋のお彼岸。

波が砂を大量にさらう度、小さな貝があちこちに顔を出していた。
でもすぐ縦になってホイホイ砂に潜って行くの。
あんなにアクティブだと思わなかった、貝。あさり?


夜。
雲ひとつなかったのに。
天気予報が言っていたとおりだ。
海の上の月に雲がかかって行った。
一度月を背中に預けて東金に戻る。
中秋の名月のこの日のみキャンドルでライトアップされた八鶴湖へ。

東金の奥座敷 八鶴亭が美しい。

月を探す。やっぱり雲の向こうなのか。ああお月さま。



ん?救難船?

湖畔には弁天さまがおられます。

嫉妬されるといけないので1人で芸事上達のお願いを。


と過ごしていたら・・・月!

水面に反射する月も明るい!



ピアノとフルートの生演奏をBGMにお団子を食べ忘れて
湖畔を月とそぞろ歩き。
そんなことしの十五夜でした。

JUGEMテーマ:天体(月・星・他)
 
author:satsukin_dayo, category:, 09:16
comments(2), trackbacks(0), - -
ちばの西から東へゆく1
中秋の名月をゆっくり眺めようと東へ車を走らせた。

1日じっくり遊んで、旅欲を少し解消させる為にも早めに出かけよう。

高速を1時間も走らずそこは緑も豊かな郊外。東金。

お昼は八街方向に数キロ走らせたところにある、農家を味わう店ポラーノ広場に。

車を降りると容赦ない照り返し。ああほんとに今は彼岸なのでしょうかアヅイ!

「ポラーノ広場」と言えば宮沢賢治。わたしも1冊もってます。

このパロル舍の小林敏也さんの表紙のシリーズは揃えたい。
同じ内容でも装丁や挿絵でチョイスするのは楽しいです。
この本は紙質も含めて誠実で素朴な感じがとても好き。

話がそれましたが、千葉の郊外の洒落っ気のない東金の風景に
突如、話の舞台であるモリーオ市の一角が急に現れたような
かわいいお店でした。
ポラーノ1

極力農薬を使用しない、収穫したての野菜、米、小麦粉の直販だけでなく
こちらで作ったパンなども販売、食事も出来る。
農家さんの経営するいわば地産地消のお店。

扉を開けるとひんやり涼しい。ああ生き返る。
パンが美味しそう!
ポラーノ2

お腹を激減らしでやってきた我々の勢いに
少し動揺されている様子でおねえさん
「(まさか)お食事メニューじゃないですよね」

!!!えっ・・・そ、そのつもりでやってきました。。

聞けば基本、予約制だそうで
予約無しの場合30分くらい時間がかかってしまうそうなんですね。
この時点で相棒はすぐ食べられるパンとコーヒーを考えたらしいけど
それでもいいのでとのんびり待つチョイスを。




店内を眺めたり農業日記などを読んでいるとそんなに待った気がしない。
「おまかせおかずセット」!

香りだけでもんまいお味噌汁
煮物は透明の汁ですがしっかりしたおダシがじゅわーん。

田舎におばあちゃんがいたらこんなかな?というようなごはんです。

店員でもある農家の2人姉妹さんがフォークデュオとして週に2回歌うそうで
きっと歌好きなところからもポラーノ広場という屋号にしたのかもしれません。
ちなみに店員さんはクールでかつ、独特の言い回しをされることもあり
気になる方は気になっちゃうと思いますが(食べログ見るとわかる)、
いずれも前向きに気遣いだと取りました。

あとパンを買う時はエコバックもお忘れなく。
素朴な天然酵母のパンたちをいくつかとお味噌をお土産にカバンに入れて。


折角八街方面に少し来たのでそのまま八街駅前の明治創業の
老舗「平林のだんご」へ。お店で挽いた上新粉オンリーのお団子の老舗。
みたらし、あんをそれぞれ。4本で210円!
つぎからつぎへとお客さんが来てました。お店の前に車がどんどん停まってます。
みなさんお月見でお団子食べるんですね^^
わたしも今夜はお月見団子(串だけど)するんだー♪

さて
月が出る頃まではまだまだ時間がある。
しかし暑い。
海に出ようか
author:satsukin_dayo, category:, 00:13
comments(0), trackbacks(0), - -